ビタミン7つの効果

ビタミン7つの効果

ビタミンが生きていくうえで体にいいことはわかっていても、具体的にどのような効果を期待すればいいのかを知らないと、意識的にとることはむずかしいですよね。いったい、ビタミンにはどのような効果があるのでしょうか?



効果的にとりたい! ビタミンは私たちの強い味方

同じビタミンでも、種類や組み合わせによって効果が大きく変わってきます。どれも捨てがたい効果ばかりですが、それぞれを知ることで今のあなたにいちばん必要なものがはっきりするかもしれません。

①老化予防で高い美肌効果

ビタミンA、C、Eは、「抗酸化ビタミン」ともよばれ、老化を引き起こす活性酸素をおさえる効果があります。人の体にはもともと活性酸素をおさえるための酵素をつくり出す能力が備わっているのですが、どうしても年齢とともに低下していきます。女性の肌の悩みでいつも上位にあがる、しわ・しみ・たるみ予防には抗酸化ビタミンが欠かせません。とくにCは肌のハリツヤを保つコラーゲンも生成します。

②疲労回復効果

過労や夏バテなどで疲れやだるさを感じるときにはビタミンB、Cが欠かせません。疲れは疲労物質である乳酸の蓄積とストレスが大きな原因です。Bは乳酸を除去し、Cには抗ストレス作用がありますので、これらを同時にとると効果的です。

③肌荒れの予防

ニキビや吹き出物などの肌荒れに悩んだら、ビタミンB群をとることです。とくに皮膚や粘膜を守るB2、B6は、ニキビ・吹き出物の解消に効果を発揮します。B群はそれぞれが協力しあって効果を発揮するので、全8種類を一度にとることをオススメします。

④発毛効果

ビタミンB群、とくにビオチン(B7)は髪の毛や爪をつくるために必要な栄養素で、これが減少すると抜け毛や白髪の原因になります。ビオチンは良質のたんぱく質やミネラルと一緒にとることで、発毛効果が期待できます。また、ビタミンEは、頭皮の天敵である過酸化脂質をおさえる効果があるため発毛促進剤として使用されています。

⑤免疫力を高める

ビタミンCは、鼻やのどの粘膜から風邪などのウイルスが侵入したとき体内がつくりだす免疫物質の生成に必要不可欠です。日頃からを意識的にとることが免疫力を高める第一歩といえるでしょう。

⑥二日酔いに効く

二日酔いを治すためには、肝臓がアルコールを分解するときに使う酵素の活性を高めるナイアシンなどのビタミンB群、Cの補給が効果的です。アルコールは体内のビタミンを浪費、破壊してしまうため、いつも以上に補給することが大切です。

⑦ほかの栄養素をサポート

ビタミンは全般的に、相性のいい栄養素と一緒に摂取することで、その栄養素の働きをスムーズにします。たとえばビタミンDはカルシウムやカリウムなどと一緒に摂取すると、それらのミネラルの吸収率を効果的にすることができます。


いかがだったでしょうか?

ビタミンが私たちの体に欠かせない存在であることがおわかりいただけたでしょうか。ビタミンを意識的にとることは大切な健康管理の1つだといえるでしょう。とくにB、Cなどの水溶性のものは体内にストックできないので、効果を出すためには定期的に少しずつとり続けることが大切です。

↓ヘルシーフレンズは今何位??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。