ビタミン注射7つのポイント

ビタミン注射7つのポイント

ビタミン注射は体を酷使する芸能人やスポーツ選手が多く使用していることから話題になり、最近では多くのクリニックで取り扱われています。別名ニンニク注射とも呼ばれ、定期的に使用する人も増えていますが、ビタミン注射は具体的にどのようなものなのでしょうか?



ビタミン注射をくわしく知って効果的に使おう!

最近、ビタミン注射は不規則でハードな仕事をこなす人や体に厳しいトレーニングを行う人だけでなく、多くの人が健康な日常生活をおくるためにとり入れています。ビタミン注射がどのような症状やニーズに応えてくれるのかを以下にご紹介します。

①ビタミン注射の主成分

ビタミン注射は主にビタミンB1を主成分として成り立っています。ビタミンB1に含まれる硫化アリルがニンニク臭を発するため、ニンニク注射とも呼ばれています。その他の成分については取り扱っている病院やクリニックによって異なりますが、おもにビタミンB群(B2、B6、B12など)やビタミンC、アミノ酸が含まれています。

②ビタミン注射の効果

ビタミンB1を主とするビタミンB群が血液中に行きわたり、疲れのもとである乳酸を燃焼することで、肉体疲労や眼精疲労、倦怠感、筋肉痛・関節痛、緊張型の肩こりなど多くの症状を緩和し、免疫力も強化します。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるため、美肌にも効果的です。

③ビタミン注射の安全性

ビタミンB群やビタミンCは水溶性で、必要以上に摂取したとしても余分な量は尿として排出されるので、一度に相当の過剰摂取をしないかぎり、重篤な副作用はまずないと考えていいでしょう。ただし、どのような薬剤でも100%副作用がないということはありえません。まれにアレルギー症状や頭痛、下痢などの消化器症状がみられることがあります。

④こんな方にオススメ!

疲れがたまっているのに仕事を休めない方、夏バテや冷え症で体力が弱っている方、肌荒れがひどい方、二日酔いで肝臓が弱っている方、ひどい筋肉痛や腰痛・関節痛に悩まされている方、寝てもなかなか疲れがとれない方など、自分だけではどうしようもない体の悩みを抱えておられる方は、ビタミン注射をとり入れてみるのがよいでしょう。

⑤ビタミン錠と何が違うの?

経口のビタミン錠剤では、疲労などで胃腸が弱っている場合、どうしても消化・吸収がされにくいため、注射・点滴で直接血液に投与するほうが即効性もあり効果的です。

⑥ビタミン注射の価格帯

一般的には1回2,000円~3,000円ほどです。病院やクリニック、入っている成分によって価格が違うので、事前に確認することをオススメします。

⑦短期的な使用が効果的

ビタミン注射は、とくに短期間での使用に効果が期待できます。本来、ビタミンは食事からとることが望ましいため、まずは食生活の改善やストレスの除去など、消化器のメンテナンスを長期的におこなったうえで、体調管理の一環としてとり入れるのがよいでしょう。


いかがだったでしょうか?

ビタミン注射のメリットは、直接血液に送り込むことで即効性と強い効果を期待できる点にあります。忙しいときや免疫力が弱って体のメンテナンスが難しいとき、すぐに痛みをとりたいときなどに、価格も手頃なビタミン注射は心強い味方となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。