糖尿病による眠気を改善する6つの習慣

糖尿病による眠気を改善する6つの習慣

糖尿病の症状の一つに眠気があります。眠気のために頭がうまく働かず仕事に身が入らなかったり、イライラしたり、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。糖尿病による眠気を改善する方法にはどんなものがあるのでしょうか?



糖尿病の眠気を防ぐ6つの方法

糖尿病による眠気の原因には、食べ過ぎによって血流が阻害されたり、血糖値が急激に変化することや、睡眠不足などが挙げられます。そういった、糖尿病が原因の眠気を防ぐ生活習慣を紹介します。

①食事は腹八分目を心がける

糖尿病の原因の一つに暴飲暴食があります。糖尿病の症状を改善するには食事量を抑えることが必要です。お腹いっぱい食べると消化能力を超えたエネルギーが必要になります。そのため消化器官に血液が集中して流れ、脳への血流が減り、脳の活動が抑えられて眠気をもよおします。糖尿病の眠気に悩む人は、食事は腹八分目に抑えることを心がけましょう。

②食事内容を見直す

糖尿病で眠気を強く感じるのは主に食後です。それは食事をとることによって血糖値が急上昇するためです。血糖値の急上昇は炭水化物に含まれている糖質によって引き起こされます。食事では、タンパク質や脂質、食物繊維などと一緒に炭水化物を摂るようにしましょう。特に食物繊維は糖の吸収を遅らせ血糖値上昇を緩やかにするので、糖尿病の症状改善にはぜひとも摂りたい食材です。また、精製された白米などより、玄米や雑穀、全粒粉パンなどがお勧めです。

③食べる順番に気をつける

食事の内容を見直しても、食べ方によっては効果がない場合があります。血糖値の上昇を防ぐには、食物繊維やタンパク質などを先に食べ、炭水化物は後に食べると効果的です。糖質を後で摂ることによって消化吸収が穏やかになり血糖値の急上昇を防ぐことができます。血糖値の急激な変化を避けることで、糖尿病による眠気を防ぐことができます。

④ドリンク剤には頼らない

糖尿病の人は体のだるさや疲れを感じることが多くあります。眠気覚ましや疲労回復を期待してドリンク剤を飲むことは、実は糖尿病による眠気には逆効果です。ドリンク剤は吸収効率が良いので血糖値の急上昇を招きます。ドリンク剤だけでなく野菜ジュースなどのドリンクも同じなので注意しましょう。

⑤しっかり睡眠をとる

日中眠気に悩まされる原因の一つに睡眠不足があります。睡眠不足は血糖値のコントロールを妨げる原因の一つです。睡眠不足になると神経を興奮させるホルモンが分泌され、血糖値を上昇させる原因になります。糖尿病の眠気に悩む人は、睡眠を妨げるコーヒーやアルコール、タバコなどは避けて、良質な睡眠をとるようにしましょう。

⑥運動をする

食事などで摂った糖の量が処理能力を超えると、血糖値が急上昇する原因になります。筋肉はエネルギーの消費量が高く糖を消費します。つまり、筋肉を使うと糖の処理量が増えるのです。適度な運動は血糖値を安定させ、糖尿病による眠気を防ぐのに効果的です。


いかがだったでしょうか?

なぜ糖尿病で眠気が引き起こされるのか、原因がわかれば日常生活の中で対策できますね。紹介した内容は、眠気改善だけではなく、健康的な生活を送るためにも役立ちます。もし、症状が改善されない場合には、医師と相談することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.