お茶の高血圧への6つの効果

お茶の高血圧への6つの効果

日頃何気なく飲んでいるお茶が高血圧に良いといわれているのを知っていますか?お茶は健康に良いと言われていますが、とりわけ生活習慣病の改善や抑制に効果があることがよく知られるようになってきました。中でも高血圧の予防にその力を発揮します。お茶が持つ高血圧への効果にはどんなものがあるのでしょうか?



高血圧を予防するお茶の6つの効果

私たちの生活にはお茶は欠かせないものです。お茶を良く飲む人は飲まない人に比べて健康的な血圧を維持できるという調査結果があります。お茶が高血圧に及ぼす効果を見てみましょう。

①利尿作用で高血圧を改善する

お茶は利尿作用を持っています。利尿作用を持った物質が体内に入ると、血液中のナトリウムが尿に出るのを促し、ナトリウムと一緒に水分が体外に排出されます。その時、血液中の水分量が減り血圧も下がります。高血圧の対策で「いかに体内の水分量を減らすか」は大変重要なものなのです。高血圧の治療には利尿薬が使われています。利尿薬には体内の水分を尿に変え血圧を下げる効果がありますが、お茶はそれと同じような効果を持っているのです。もちろん、薬のように強い降圧効果はありませんが、お茶を飲むことを習慣化することで、少しずつ高血圧を改善・予防することができるのです。

②お茶のカテキンで高血圧を改善する

お茶を飲んで渋く感じることはありませんか?その渋みの正体はカテキンです。この渋み成分のカテキンは降圧剤と同じように血圧を下げる効果を持っています。カテキンの効果はそれだけではありません。代謝を促し脂質や糖質を分解しやすくする効果もあります。その効果で血液中の脂質を健全な状態に保ってくれるのです。カテキンの効果で血管に脂肪がつきにくくなり血流が良くなると、動脈硬化を防ぐことができます。動脈硬化は高血圧の原因の一つなので、これは嬉しい効果です。カテキンは特に緑茶に多く含まれています。抽出液より葉に多く含まれているので、粉末茶などでお茶の葉ごと飲むとより効果的です。

③カテキンを効果的に抽出する

お茶の持つ成分、カテキンが高血圧に効果があることがわかりました。カテキンをたっぷり含んだお茶を入れるにはポイントがあります。まず、熱いお湯を使うことです。高温のお湯方がカテキンの成分を効果的に抽出できます。また、1杯目、2杯目のお茶を飲むようにしてください。カテキンたっぷりなのは、新しい茶葉で入れたお茶です。出がらしのお茶にはカテキンはほとんど含まれていないのでご注意ください。

④お茶のカテキンを効果的に摂る

カテキンは、血圧を下げる効果を持っていますが、実はそのカテキンが体内から排出されてしまうと血圧は元に戻ってしまいます。できるだけ効果を長持ちさせるためにはカテキンをゆっくりと吸収させることが大切です。そこで、ぜひお茶と一緒に摂りたいのが牛乳です。牛乳に含まれるタンパク質がカテキンの吸収のスピードを緩やかにし効果を長続きさせるのです。牛乳を温め、茶葉を加えるとカテキン牛乳の出来上がりです。この時気をつけたいことは牛乳は沸騰直前まで温めるということです。高温で入れることでカテキンを効率的に抽出できます。

⑤お茶のテアニンで高血圧を改善する

お茶には渋みがありますが、甘みも持ち合わせています。この甘みの正体はテアニンというアミノ酸の一種で、お茶のうまみ成分の一つです。テアニンはイライラを防止し、リラックスさせる効果を持っていて、脳の興奮を和らげます。興奮を抑えることで血圧の急上昇を防ぐことができます。また、血圧を上昇させる影響を与える物質、カフェインを抑制する作用もあるので、高血圧には効果的なのです。忙しくストレスを感じるような血圧の上がりやすいときや眠る前に飲むと、効果を期待できます。テアニンは日光に当たると含有量が減ってしまう性質を持っています。お茶の中でも日光を遮って育てられる抹茶や玉露などにはテアニンが多く含まれています。

⑥お茶を上手に選ぶ

緑茶はお茶の中でもカテキンやテアニンを多く含むので高血圧改善にお勧めです。しかし、高血圧改善効果のあるお茶は他にもいろいろあります。玉ねぎの皮を煮出して作る玉ねぎ茶は皮に含まれるケルセチンという成分が血圧を下げる作用を持っているので高血圧に効果的です。薄切りのゴーヤを乾燥させて作るゴーヤ茶は利尿作用に優れていて高血圧改善に効果があります。漢方茶として知られている杜中茶も血圧を下げる効果があることで知られています。また、血圧を下げる効果のある飲料が市販されています。高血圧を改善するためにぜひ試したいものですが、種類がありすぎてどれを選べばいいかわからないという人もいますね。高血圧を改善するお茶を選ぶポイントは、成分と効果にあります。必ず成分表示を確認してください。原料の「茶」「緑茶」などの表示以外に注意したいのは添加物です。カリウムが含まれている場合は飲みすぎに注意してください。腎臓に負担をかけ、体内の水分の排出がうまくいかなくなり、高血圧に悪影響を与えます。


いかがだったでしょうか?

お茶の持つ高血圧の改善効果を見てきました。効果が優れているのは緑茶ですが、高血圧に効果的なお茶はいろいろあります。試してみて、効果を感じたものを習慣的に飲むようにするといいですね。ただし、お茶は薬ではありません。治療の必要な人は薬や食生活と組み合わせて高血圧を改善していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.