マヌカハニーの発がん性を示す5つの要素

マヌカハニーの発がん性を示す5つの要素

口内炎や喉の痛み、風邪の予防などに効くと言われている蜂蜜があります。マヌカハニーです。しかし、最近はマヌカハニーの発がん性を示す情報を目にすることがあります。最近、注目されている嗜好品ですがマヌカハニーのどこに発がん性を示す要素があるのでしょうか?



マヌカハニーの摂取による発がん性を示す5つの要素

マヌカハニー発がん性を示す内容がよく見られるようになりました。何が原因なんでしょうか?マヌカハニーの成分や摂取の仕方など、誤った使い方をすると後で体に何らかの影響がでることがあります。では、発がん性を示す要素を詳しく見ていきましょう。

①天然に注意する

天然のマヌカハニーにすごくいいイメージを持つかもしれませんが、何も検査もせずに作られた製品を体に入れるということはリスクがあります。天然の商品は、すべてが同じ成分で作られているとは限りません。中には、毒性の強い成分が多く入っていたりして後で体に影響がある可能性があります。発がん性につながる可能性もあるので、天然には注意しましょう。

②メチルグリオキサール

マヌカハニーに含まれている成分です。非常に抗菌性に優れた成分です。ピロリ菌をやっつけたりがん細胞を死滅する働きをしますが、マヌカハニーの摂取する分量や抱えている病気に気をつけないと発がん性のある物質に働きかけてしまい、発がん性のリスクになるので注意しましょう。

③メイラード反応の生成物

メチルグリオキサールはメイラード反応の生成物です。メイラード反応の生成物といえば、肉や野菜・パンなどの焦げた部分やコーヒーの焙煎色です。昔から、焦げたものを口にすると発がん性を引き起こす可能性があるという話を聞いたことがあると思います。メイラード反応の生成物が関係していたからです。このこともマヌカハニーの発がん性を示す要素になっているようです。

④アクリルアミド

メチルグリオキサールと相関関係にある成分で、直火で焦がしてしまうと発がん性のあるHCA類が発生してしまいます。そのため、トーストにマヌカハニーをつけて食べる場合はマヌカハニーをつけて焼いてしまうのは避けましょう。発がん性物質の発生の原因になる恐れがあります。

⑤摂取する量の注意

健康のためにたくさんマヌカハニーを食べましょうという記事も記載されていますが、実際摂取するのは小さじでスプーン程度です。決められた量を守らないと、発がん性のリスクになってしまいます。メチルグリオキサールの多いマヌカハニーを大量に取ってしまうと、メチルグリオキサールの働きが活発になり、タンパク質やDHAと結びついて付加体を作ります。この付加体が、細胞内の酵素と結びついて働きを阻害したりDNAに結びついて変異し、毒性を持つ物質に変わってしまうのです。これも、発がん性を示す原因になっています。


いかがだったでしょうか?

天然の物の成分は、一つ一つがまったく異なります。体にいいからといって分量や調理方法などに注意しないと、少量なら体に抗菌作用に働く成分がいつのまにか体の中で毒性に変わって発がん性物質に変わっている可能性もあります。しっかり成分を確認して、決められた量を正しく摂取していればマヌカハニーの発がん性のリスクを防げます。

Comments

  1. 匿名 says

    こ、怖いんですねΣ(゚д゚lll)

Trackbacks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。