マヌカハニーの発がん性を抑える5つの食べ方

マヌカハニーの発がん性を抑える5つの食べ方

マヌカハニーをご存知ですか?ニュージーランドのみに生息する、桃科のマヌカから取れるはちみつのことです。このマヌカハニーには発がん性を抑える働きがあると近年一躍話題になりました。では、その発がん性を抑制するマヌカハニーの食べ方とはどのようなものがあるのでしょうか?



発がん性を抑えるマヌカハニーを上手に食べよう

普通のはちみつは黄色がかった透明な色をしていますが、マヌカハニーはほぼ個体です。味も私たちが食べ慣れているものと違い少し癖のあるのが特徴です。発がん性を抑えるマヌカハニーの食べやすい食べ方を学んで健康に役立てましょう。

①お料理の隠し味に

マヌカハニーは低カロリーですので、お料理の隠し味に最適です。鳥の手羽元を煮付ける際、白糖をやめてマヌカハニーを代わりに使ってはいかがでしょうか。発がん性物質を抑制しながらお砂糖よりも低カロリーな、マヌカハニーを使いダイエットもできて一石二鳥ですね。

②ヨーグルトに混ぜて発がん性をダブルで抑えよう

マヌカハニーには、とても強い殺菌作用や、抗菌力があり、それが発がん性物質が元気になるのを抑制してくれる働きがあります。そこにヨーグルトの乳酸菌が加われば怖いものなしです。乳酸菌は大腸がんの予防に効果があるという研究結果も出ています。マヌカハニーの発がん性を抑える力と、乳酸菌の発がん性を抑える力ダブルで健康になりましょう。

③紅茶に混ぜて発がん性を抑える方法

1日3杯の紅茶で、発がん性を抑制できると知っていましたか? BBCや、英メディアが発表した話によると、心臓発作や、発がん性抑制につながる他、歯や、骨なども強くしてくれる働きが紅茶にあることがわかりました。そこにマヌカハニーを投入すれば最高に素晴らしい飲み物になりますね。発がん性を抑制しながら紅茶で骨まで強くなる。紅茶を飲むのが楽しみになる気がしませんか?

④バナナ&マヌカハニーで癌をやっつけよう

バナナは白血球の働きを高めて、がん細胞を攻撃してくれる事で有名ですね。白血球は体内に細菌やウイルスなどの体に悪いものが入ってきた時にそれらを排除してくれる働きを持っています。そのバナナに、マヌカハニーをたっぷりかけて食べて見てください。マヌカハニーの発がん性を抑える力と、バナナの白血球を増やす力が一緒になれば、いつなってしまうか分からない癌を怖がるだけの生活から解放されます。

⑤間食はさつまいもとマヌカハニーにお任せ

さつまいもは、食事にも、おやつにもなってしまう万能食品ですが、なんと発がん性物質を抑制する力がとてもあることが知られていますが、なんと、ガン細胞分裂・増殖抑制率が98.7%という驚異的な結果が出ています。そんなさつまいもを、おやつとして、楽しく食べて見ませんか?マヌカハニーの優しい甘さと、さつまいもの自然な甘みで低カロリーなのにお腹満足、その上食物繊維も取れてデトックスやダイエットにも効果が期待きる、美容的間食と言えるでしょう。


いかがだったでしょうか?

発がん性も抑制してくれるマヌカハニーですが、色々な食材を組み合わせることにより美味しく摂取できる方法がたくさんありましたね。体に良い食材だと言っても無理して食べているのでは楽しくありません。マヌカハニーを上手に美味しくそしてたくさん食べることで、いつまでも健康な体を維持していきたいものですね。

↓ヘルシーフレンズは今何位??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。