貧血の数値を改善する7つの習慣

貧血の数値を改善する7つの習慣

近年、貧血の数値を気にする日本人女性が増えています。日本人女性の貧血の割合が年々増加傾向にあり、将来貧血になる可能性がある女性は4人に1人とも言われているのが理由の一つです。では、貧血の数値を改善するにはどのような生活習慣をつければいいのでしょうか?



貧血の数値を改善するための7つの生活習慣

貧血数値を改善するためには、正しい生活習慣をつけることが大事です。鉄剤では一時的な効果しか得られないので、数値の改善に効果的なのは食事療法です。食事療法を含めどのような生活習慣を身につければ貧血の数値を改善していけるか説明していきます。

①食事は1日3食

必要以上のダイエットや食事制限が、思春期や若い女性の貧血の原因となっています。インスタント食品の多用にも注意が必要です。一日3食、規則正しくしっかり主食・主菜・副菜などをしっかり組み合わせて栄養をバランスよくとることを意識して、貧血の数値の改善を目指しましょう。

②食事にプラス鉄分を

豚レバー・鶏レバー・あさり・しじみ・大豆・煮干しなどには鉄分が多く含まれているので、おかずや一品料理に積極的に取り入れていきましょう。

③タンパク質で数値改善

タンパク質は、血液中の赤血球やヘモグロビンの材料となる大切な栄養素です。魚介類、肉類、卵、大豆製品、乳製品などです。一度にたくさんとっても体の中に貯めておくことはできないので、毎食主菜に取り入れて食べるようにしましょう。

④造血効果のあるビタミン類

造血効果があがれば、貧血の予防になり数値の改善につながります。ビタミンCは体で鉄分を利用するために大事な働きをします。ビタミンCを多く含む野菜や果物を一緒に食べることによって、鉄分の吸収を高めることができます。積極的に取り入れて数値の改善につなげましょう。

⑤鉄分の吸収を妨害するもの

緑茶・コーヒー・紅茶に含まれるタンニンは、鉄分の吸収を妨害します。食事中や食後は渋いお茶やコーヒーを飲むのは控えましょう。鉄の吸収が妨害されると、貧血の数値の改善に悪影響です

⑥適度な運動の習慣をつける

急な激しい運動は赤血球を破壊してしまい、怪我の原因になるのでまずは軽い運動から。水泳やウォーキングなどの有酸素運動は体の血液の循環が良くなり、貧血の防止につながります。まずは軽い運動からはじめましょう。適度に体を動かす習慣をつければ、体も健康になり貧血の数値も改善されていきます。

⑦睡眠時間の確保で数値改善

睡眠不足は貧血の大きな原因の一つです。血液の循環が悪くなり、ホルモンバランスも崩してしまい貧血の数値の改善に悪影響をあたえてしまいます。早寝早起きを心がけて、しっかり睡眠時間を確保しましょう。


いかがだったでしょうか?

普段の生活を少し見直すだけでできます。貧血の数値を改善するために積極的に取り入れていくことをオススメします。最近は鉄分入りのヨーグルトもありますので、まずは食後のコーヒーをやめて食後のヨーグルトに切り替えてみては。少しずつはじめて、貧血の数値の改善の意識を強くしましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.