貧血による眠気を改善する8つの習慣

貧血による眠気を改善する8つの習慣

最近、貧血気味で疲れや眠気がなかなかとれない。めまいや吐き気に襲われる事もよくある。十分眠っているはずなのに一日中頭がぼーっとする。強烈な眠気に襲われたりしてしまう。意識が遠くなる程のひどい眠気は、貧血の悪化からくる症状の一つだとご存知でしたか?



強烈な眠気は貧血?辛い貧血を改善する8つの習慣

沢山寝たはずなのに、朝からスッキリとしない。昼間からだるさや眠気がとれない、すぐに横になりたくなる。逆に夜になると眠気がなくなる。そんな日常的な倦怠感は辛いですね。それではそのような強い眠気を伴う貧血症状を改善していく生活習慣をご紹介していきましょう。

①食生活を見直す

食事代わりにカップ麺、菓子パン、ファーストフードなどを摂っていませんか?レバーなどの鉄分は勿論ですが、大事なのはタンパク質です。食事を摂る時は意識してタンパク質を必ず摂り入れるように心がけて下さいね。

②甘い食べ物を控える

甘い食事を摂ると一時的に貧血が改善されたように錯覚しますが、これは悪循環のもと。血行が悪くなり、ますます貧血を悪化させていきます。

③食物繊維を多く摂る

鉄分を多く含む食事を摂っていると便秘になる場合があります。なので、食物繊維を豊富に含む海藻や根野菜などもよく食べるようにしましょう。さらに、水分補給もしっかりと行いましょう。

④タンニンを含む水分を摂らない

タンニンは鉄分の吸収を妨げます。タンニンを多く含む飲み物には、コーヒー、緑茶、紅茶の他に煎茶、ウーロン茶等があります。これらは、併せてカフェインも含んでいるので、眠気覚ましに飲んでいると、貧血を改善するどころか貧血を悪化してしまう危険性があります。

⑤ 軽い運動を心がける

散歩などで十分です。階段の上り下りでも良いです。全身に酸素をいきわたらせるために軽い運動は欠かせません。入浴もOKですが靴下を履いたり手足をマッサージするとなお良いでしょう。

⑥無理な運動は控える

全身に十分な酸素がいきわたれば良いので、倒れる程の運動は必要ありません。貧血状態で眠気が起こるのは、脳に必要な酸素の供給が減ってしまうことで、脳の活動が低下するためです。血液の循環を良くするためには、軽い運動を日々続ける事が大切になります。

⑦早寝早起きを心掛ける

睡眠はホルモンバランスに深く関係しています。睡眠不足によりホルモンバランスが崩れると造血にも影響が出てしまいます。貧血を改善する為に、早寝早起きを心がけ、「ゴールデンタイム」と呼ばれる夜10時~午前2時の時間帯はなるべく睡眠を取れるようにしましょう。

⑧体質だと諦めない

親や兄弟、親戚も貧血だからといっても、日々の積み重ねで必ず体質は改善されていきます。


いかがだったでしょうか?

難しい事は何もありません。

女性の多くはその体の仕組みから貧血からくる眠気に悩んでいる方がとても多いのです。しかし、ほんの少しの積み重ねで貧血は随分解決されていくものなのがお分かりいただけましたでしょうか?きちんと、自分にあった対策を行い健康な体を取り戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。