フルーツ飾り切りの5つのポイント

フルーツ飾り切りの5つのポイント

何気なくカットして食べているフルーツ。ちょっとフルーツナイフで切り方に工夫をすれば、子供も大人も喜ぶフルーツの飾り切りアレンジになります。見た目が華やかになり、食べるのも楽しくなるフルーツの飾り切りにはどのような物があるのでしょうか?



フルーツの飾り切りに役立つ5つのポイント

普通にフルーツをカットして出すよりも、ちょっと工夫してフルーツに飾り切りをして出せば、みんなの驚く顔が見れたり飾り切りのやり方を聞かれたり、話も盛り上がります。見た目を華やかにするフルーツの飾り切りについて説明していきます。

①フルーツナイフの準備

フルーツの飾り切りにはフルーツナイフが必要です。普通の包丁では上手くカットできません。フルーツの飾り切りは、曲線にカットしたりフルーツをくり抜く作業があります。包丁では刃の部分が大きいのでかなりやりずらいです。手で持つ部分も持ちやすくコンパクトで、刃の部分が細長くなっていて曲線もくり抜きも簡単にできるフルーツナイフを、まずは準備しましょう。

②細かい作業に役立つ道具

フルーツの飾り切りを上手くやるためには、フルーツナイフ以外にも道具が必要です。文字の飾りきりをしてフルーツをくり抜く時にはピンセットが必要です。細かくくり抜く時には最適です。あとは、カービンナイフも必要です。模様や文字をくり抜く時に役に立ちます。ちょっと上級者向きの技術が必要な時に必要なのがカービンナイフです。フルーツの皮をキレイに切るために、ペティナイフも必要です。

③使うフルーツ

フルーツの飾り切りで使うフルーツは、リンゴ・メロン・パイナップル・イチゴ・すいか・パパイヤ・オレンジなど様々なフルーツで飾り切りができます。フルーツの盛り合わせを飾り切りで行えば、見た目がかなり華やかになります。普段の食事の時に、ひとアレンジもいいです。誕生日会やホームパーティーで、フルーツの盛り合わせを飾り切りで華やかにすれば、大人も子供も喜ぶこと間違いなしです。

④文字をくり抜こう

フルーツの飾り切りで、フルーツに文字をくり抜くことができます。例えば、誕生日にハッピーバースデイの文字と名前。結婚祝いのパーティーに、新郎新婦の名前を切り抜いたフルーツをプレゼントしたり。フルーツを飾り切りすることで、お祝いの席も盛り上がりフルーツも食べることができて喜んでくれる人がたくさんいる。やりがいのある作業になります。

⑤練習の仕方

フルーツの飾り切りは本もたくさん出ていますが、今は動画でフルーツ飾り切りのやり方を調べるのが一番わかりやすいです。フルーツナイフの使いこなし方がすごくわかりやすいです。ネットの検索画面でフルーツ飾り切りで調べれば、映像も検索できます。写真よりもプロの手つきを真似して、フルーツ飾り切りが上達するように努力してみましょう。


いかがだったでしょうか?

大事なのはフルーツナイフの準備です。普通の包丁でやるのは難しいですし、怪我をする恐れもあります。まずはしっかりと道具を揃えて、練習は動画で何回もフルーツ飾り切りのやり方を確認してやるようにしましょう。フルーツの飾り切りで、大人から子供まで喜ぶ顔をたくさん見ましょう。

↓ヘルシーフレンズは今何位??

Leave a Reply

Your email address will not be published.