ファスティング7つの効果

ファスティング7つの効果

ファスティング、いわゆる断食が健康に効果があると聞いた事がある人は多いでしょう。実際にアスリートやモデルなど体に気をつける人達の間ではファスティングの効果を実感している人が多く、とても人気のようです。ではこのファスティングには具体的にどのような効果があるのでしょうか?



ファスティングによって得られる7つの効果

ファスティングを行う事で、それまで体内にたまっていた毒素を体外に出す効果があります。それにより、更に素晴らしい効果も期待できます。ではそのファスティングの効果とはどのようなものかを説明します。

①消化器の調子を整える

何かを口に含んでから体外に排出されるまで、消化器は一生懸命働きます。しかも、消化器は体内に食物がある限り、私たちが眠っている時間も重労働をしてくれます。ファスティングにはその消化器を休ませてあげる効果があります。それにより消化器の調子がよくなる効果もあります。

②肌の調子を整える

色々な物を食べ、それが排出されるまで時間がかかればかかるほど、老廃物が体に留まる時間も長くなります。そして、この老廃物がたくさんたまってしまうと肌が荒れてしまいます。よって、ファスティングにより老廃物を体外に排出すると、特に、それまで肌の調子がよくなかった人は美肌効果を期待できます。

③血液を綺麗にする

脂肪の多い食品などを好んで食べる人は血液がコレステロールでどろどろかもしれません。このどろどろの血のままでは将来体調を崩すリスクがとても高いです。ファスティングによりこのどろどろの血を改善する効果を期待できます。

④免疫力を高める

食物を消化するには相応のエネルギーが必要です。ファスティングを行うことで、食物を消化させるのを少し休ませてあげる事で体力を温存できます。それにより、免疫力を高める効果を期待できるのです。

⑤きれいな大腸にする

毎日休みなく食物を口に含み、小腸、大腸を通ってその食物は体外に排出されるわけですが、スムーズに排出されない場合もあるものです。で、その残ったかすが宿便となって腸の壁にこびりつき、更にどんどんたまっていってしまいます。これをファスティングにより体外に排出し、きれいな大腸にする効果を期待できます。

⑥食べ物の味に敏感になる

ファスティングを経験するまでは食事の時間になったら食事をし、食物の繊細な味がよくわかっていなかったりするものです。これは舌にコケがついたままになり、繊細な味覚を感じにくくなったりしているからです。しかし、ファスティングにより一定期間食物を口に含まないでいると、このコケが取れ、食べ物の味がしっかりとわかる効果が現われます。

⑦減量効果

正しいファスティングを行えば、食べる量が減りますので、減量効果を期待できます。ただし、ファスティング後に一気に普通食に戻してしまったりすると、太ってしまったり、体に負担をかけてしまいます。ファスティング前後の正しい食事法により減量の効果が期待できます。


いかがだったでしょうか?

普段、普通に食事の時間になったら食事をしていて、それがあたり前だと思って何も考えずに生活してこなかったでしょうか。しかし、時にはファスティングを行い、消化器を休め、毒素を体外に出す時間を作ることがいろいろな良い効果をもたらすことがわかりました。是非、今後はファスティングを上手に取り入れ、効果を実感したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。