ファスティングの復食の6つのステップ

ファスティングの復食の6つのステップ

ファスティングと復食の意味を教えます。まずファスティングは断食のことです。復食とは断食後の食事でこの時期の食事管理にはたいへん気を付けましょう。
このファスティングと復食を知らない方が多いので、ファスティングと復食の6つのステップを学びませんか?



ファスティングと復食のすすめ

ファスティング復食の存在を知っている方は少ないと思います。横文字なのがいけないのかもしれませんが、ファスティングとは断食のことで、復食とは断食後の食事のことです。
このファスティングと復食はこの記事を読んでいる皆さんも実行できるのです。

①準備期間

この期間にファスティングに必要な物などをそろえてください。食事の内容にも気を付けなければいけません。この準備期間が後のファスティングや復食の効果の成果に影響します。おかゆや、バナナなどを取るようにするのがいいでしょう。とにかく消化がよくあまりカロリーのないものを取ることがファスティングと復食を成功させるコツです。
また、カロリーの高いものなどは摂るのはやめましょう。

②減食期

準備期間後には減食期に突入です。急に断食をすると負荷が大きいので、普段より食べる量を少なめにして、食事量を調整しましょう。減食期の食事でその後のファスティングと復食の完成度が変化します。減食期はファスティングではかなり重要なステップです。無理をせずに減食期をすごしましょう。

③断食期間

減食後はファスティングドリンクのみで、他のものは食べてはいけません。ドリンクは1日に2~4回に分けて飲みます。あとは水分を取って補います。からだを非常に使う運動はなるべくしないようにして、できるだけゆったりと過ごすようにしましょう。

④準復食期間

ファスティング終了後の復食期間後には脂っこいものやカロリーの高いものをとることは避けましょう。体がまだ正常な状態に戻っていないので、注意が必要です。おなかが減って大量に食べたいと思うのは当然のことなのですが、一つ注意があります。ファスティングは復食期間が一番デリケートなので、このときにいきなり大量に食べると胃がびっくりしてしまい。からだの調子が悪くなる可能性があります。

⑤ファスティングと復食後

ファスティングと復食が終わったら普段通りの食事に徐々に戻していきます。ファスティングと復食の効果がこの時期にすでに出ていると思います。感覚が鋭くなって味覚がよりおいしく感じるようになっていたり、便秘や冷え、頭痛などの症状も緩和されていると思います。


いかがだったでしょうか?

ファスティングと復食をするのは自分ですので、どこまでやるのかを計画しファスティングの日にちと復食のメニューなどを事前に考えてからファスティングと復食を実行しましょう。健康法の一種として優秀なのでぜひファスティングと復食を経験してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.