正しい断食5つの方法

正しい断食5つの方法

現在、プチ断食ダイエットなどが女性達の中で流行っていますが正しい断食の方法を知っている方は決して多くはありません。間違った方法で断食をして体を壊しては意味がありません。では正しい断食の方法とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?



もう間違わない正しい断食5つの方法

断食は間違った方法で行うと、とても危険な行為に変わってしまいます。断食の正しい方法を知って安全に健康になりたいものですね。それでは正しい断食の方法について説明していきます。

①週末を利用しよう

上手に週末を利用するのが正しい断食の方法へとつながる第一歩になります。平日は会社帰りにお酒に誘われて断ることが出来なかったり、ゆっくりできる時間が少ないですので体の負担が増えます。そのため約束を入れない週末を作り、その週末をうまく使って断食をするのがお勧めです。

②いきなり食べ物を絶たない。

断食をする直前に今から断食するからと高カロリーなものを食べてしまう人がいますが、急な断食に体が対応しきれず苦しいだけの物になってしまいます。苦しいだけの断食をしてしまうと心が折れてしまい、目標を達成できずにやめることにもなりかねません。そのために、断食をする最低3日前から食べ物を徐々に減らし体の準備をしましょう。正しい断食とは無茶な方法をとったり、苦しくなるだけの方法で行ってはいけないと言うことです。

③水分は多すぎるくらいでちょうどいい。

普段の生活でも水分は1.5リットルから2リットル摂取するように勧められています。普段は食事の中にも水分が含まれており、そこから摂取することもできるのですが、断食中は食事を経つことになるため、普段よりたくさんの水分を取らなくてはいけません。水分を多く飲むことで、体のデトックスにもつながります。水分は多すぎるくらいで丁度いいのです。

④激しい運動は避ける

断食をデトックスや、ダイエットのためにする方も多いと思いますが、ダイエットに良いからと断食をしながら激しい運動をしてしまう方がいます。断食をしている最中は栄養の摂取量が少なくなっているので臓器に悪影響を与えてしまう場合もあります。ハイキングや、ウォーキングは新陳代謝をあげデトックスを助けてくれる効果もあるのでおすすめです。

⑤いきなり食事をたくさん食べない

断食が終わった後、お腹がものすごく空いていていきなり食事をたくさんとってしまう事がありますが、断食後の胃は空っぽ状態で言わば休憩状態。いきなり食べ物が来たらびっくりしてしまいます。折角のダイエットやデトックス効果を上げるためにも、断食が終わった次の日は「おかゆ」や「野菜を煮た物」などをゆっくり噛んで食べるようにしましょう。


いかがだったでしょうか?

正しい断食の方法についてお分かりいただけたでしょうか。正しい断食はダイエットにもデトックスにも効果があるとても素晴らしいものですが、方法を間違えてしまうと体を壊してしまう危険な物に変わってしまいます。正しい断食の方法を身につけて心も体もスッキリ綺麗にないたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。